仕事

シングルマザー限定【193万円の給付金】について徹底解説

193万円給付金解説
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、さなくらです。
今回は、シングルマザー・ひとり親限定の193万円の給付金について、徹底解説していきます。
この給付金は、昨年度も人気で、今年も4月から復活したという背景があります。

さなくら
さなくら
「ええ、わたし去年利用してない!」という方も、この記事を読んでぜひ活用してくださいね。

後半では、わたしおすすめの活用方法についても解説します。

この記事でわかること
  • ひとり親家庭なら193万円もらえる給付金制度とは?
  • 給付金のおすすめの活用方法

193万円の給付金とは…

どんな内容の給付金?

193万円の給付金の内容はこのようになっています。
2つの給付金を同時に受けることで、最低152万円、最大193万円がもらえます。

特に、高等職業訓練促進給付金の金額が大きいため、このあと詳しく解説します。

  • 自立支援教育訓練給付金→20万円
  • 高等職業訓練促進給付金→毎月11万円~14万円
    (12カ月なら、合計で132万~168万)
さなくら
さなくら
条件を満たせば、最低で152万円がもらえる破格の制度ですね

給付金の条件は?

条件①:児童扶養手当を受給している、または年収365万円未満であること

児童扶養手当と同程度の水準の年収であることが条件です。
現在働いている方でも、上記を満たせば受け取ることができます。

条件②:6カ月以上の訓練を受けること

6カ月以上、就職に有利になるような訓練を受けることが必要です。

条件③:資格取得を目指すこと

上記の訓練を通し、最終的に資格取得を目指す必要があります。
例えば、看護師やWeb系の資格が対象となっています。

給付金活用のポイント

働きながらOK!

年収365万円未満であれば、働きながらの受講が可能です。
今の仕事を辞めずにスキルアップできるのは、大きなチャンスですよね。

オンラインの講座でもOK!

受講するのは、対面・オンラインどちらの講座でも可能となっています。
シングルマザーとしては、子どもの面倒も見ないといけないので、オンラインで受講できると気楽でいいですよね。

給付金例

例えば、Webデザインを1年間学ぶコースを受講した場合、最低152万円を受給できます。
もし、講座の受講料が70万円であったとしても、82万円が手元に残ることになります!

さなくら
さなくら
受講料だけではなく、余った分を生活費に回せるのはうれしいですね。

給付金を使うなら、「MamaEduプロジェクト」がおすすめ!

オンラインで、働きながら給付金をもらうため、わたしがおすすめしているのが、「インターネット・アカデミー」の「MamaEduプロジェクト」です。

おすすめポイントについても説明します。

\\PR:わたしおすすめの「MamaEduプロジェクト」はこちら//

公式ページ予約ページ

おすすめポイント①:給付金の支給申請を支援してもらえる

なんといっても、「MamaEduプロジェクト」の最大の魅力が、給付金申請を支援してくれることです。

上記の給付金は、比較的新しい制度のため、市役所の担当者が慣れていないことも多いです。
去年も、窓口の人が勘違いして、「それは対象外です」って言われた方もいたようです、、

「MamaEduプロジェクト」では、経験豊富なキャリアプロデューサーが、申請まで支援してくれるので、窓口の人とのやりとりも安心できます。

なんと、テレビのシングルマザー特集でも紹介されていて、シングルマザー支援に力を入れていることがわかりますね。

さなくら
さなくら
申請について相談できるのは、安心ですね

ちなみに、自治体によっては先着順のため、早めに申し込みしてくださいね!

おすすめポイント②:給付金対象講座が13と豊富にある

「Webデザイナー総合コース」「Illustrator」「動画編集」など、在宅ワークで稼ぐためのスキルを身に着けることができます。

13種類も給付金の対象講座があるところは珍しく、選択肢が広がりますね。

講座一覧
  • Webデザイナー総合コース
  • Webディベロッパーコース
  • 作品制作講座
  • 動画編集講座
  • Photoshop講座
  • Illustrator講座
  • Webマーケティング講座
  • IoTエンジニア育成Aコース
  • AI×IoTエンジニア育成コース
  • AIエンジニア育成コース
さなくら
さなくら
わたしも、今年はこの給付金を使って、「Webデザイナー講座」を受講しようと考えています。

おすすめポイント③:1年間受講できる

「Webスキルなんて、難しすぎて身に着けられないよ~」
そう思う方も多いと思いますが、「MamaEduプロジェクト」では、1年間、動画を繰り返し見ることができます

「パソコンの仕事が初めて」という方でも、1年間かけてじっくり勉強することで、スキルアップを目指せますよ。

おすすめポイント④:就職・転職支援までしてくれる

「スキルを身に着けたところで、就職活動に自信がない、、」
そんな方でも安心できるように、「MamaEdu」では、就職・転職支援までしてくれます。

最後までサポートがあるので、安心して勉強に集中できますね。

注意点:予算の上限が決まっている

この給付金は、全員がもらえるというものではなく、自治体ごとに予算の上限が決まっていて、昨年のことを考えると、先着順でなくなってしまう可能性が高いです。

上で紹介した「MamaEduプロジェクト」の説明会も、申し込み状況は下のように、4月からものすごい集まり方をしています。

MamaEdu申し込み状況
さなくら
さなくら
興味のある方・前年度逃してしまった方は、まずはお早めに相談することをおすすめします。

まとめ

193万円の給付金について解説しました。
働きながら、オンラインで受講できるため、多くの方にとって利用して損はない制度だと思います。

まずは、自分が当てはまるかどうか、キャリアプロデューサーの方に無料で相談してみるのもおすすめです。

\\PR:わたしおすすめの「MamaEduプロジェクト」はこちら//

公式ページ予約ページ

さなくらのプロフィール

さなくらのアイコン

シングルマザーで、お金の専門家であるFP資格保有。
在宅で月収12万円⇒月収28万円を達成。
自身がお金と仕事に悩んだ経験をもとに、同じ悩みを持つ方に向けて発信しています。